アカウント(ID)の乗っ取りは簡単

私のメールアドレスを、他人が間違って登録したせいで余計なメールが頻繁に来ています。

これは、アカウント登録時だけでなく、メールアドレスを再設定した時も同じ。

初期登録時に間違ったアドレスで登録されると、自分のアドレスに届かないせいで、何度も同じ操作をされ、まさに迷惑メール状態。

大手のサービスだと、拒否設定するわけにもいかず、非常に迷惑です。

それでも、初期登録時なら、登録ができないだけなので本人に被害は出ませんが、メールアドレスの再設定時だと大問題。

はっきり言って、どこの大手サービスもあまりにずさん過ぎるので、メールアドレスの再設定で間違えた時は、アカウントを乗っ取られても仕方がない状況です。

Yahoo!もFacebookもアマゾンも……他にもいろいろありますが、お知らせメールが来るせいで、IDは完全にバレる。
そしてパスワード忘れた場合には、登録メールアドレスに送らせることができるので、メールアドレスを間違った時点で、アカウントはもう相手にあげたも同然。

悪意のある人の手に渡ったなら、串を指したアクセスでそのサービスを利用され、個人情報はすべて抜かれ、ショッピングサイトなら無駄な買い物をされ、価値のあるサービス(ドメインやネームに価値のあるもの)を一気に解約されたり……。

危険すぎますね。

乗っ取る気はありませんが、Yahoo!もFacebookも他人のものにログインできてしまいます。

ずさんすぎる……というか、システムの根幹がおかしい。
メルアドの再設定した場合は、そのメールが本人のものなのかどうか確認しなければならないのに、完全フリー。

自己責任だとは思うけど、知らない間にアカウントID乗っ取られたり、個人情報抜かれたりしている人は確実にいると思う。

アカウントだけじゃないけど、ネイルサロンの予約だったり、楽天ショップからの配送の連絡とか、フルネームはもちろん電話番号や住所などもご丁寧に書いてある。

もはや、システムセキュリティ云々ではない状態。

ハッキングせずとも、向こうからはいどうぞと送ってくれる。

間違える方も悪い。 

間違えた場合を想定していないサービスはもっと悪い。

ありがちな携帯のメルアドにしておけば、そういうことに良く出くわす。

実際に、お勧め商品で送られてきた内容が、ロリコン商品ばっかりだと、どんなユーザーなんだと気分悪くなるよ。
アカウント削除してやりたくなるよ。

……時間を無駄に消費したけど、今日はあるサービスに伝えておいた。
メール登録間違ってるよって。

二度と送るなって付け加えて。

今度来たらアカウント削除します。

大手だから、きちんとやると思うけどね。

ビットコインの相場が下落しない理由

最近話題のビットコイン。
言わずと知れた仮想通貨です。

先月あった取引所の破綻で、すぐに消えてなくなるかと思いましたが、下落した後に持ち直していますよね。

元々、どこに国もその価値を担保していないし、逆に危険だと規制しているにも関わらず価値が保たれている。
このことに関しては専門家と称する人たちが、あれこれ言っています。

……ただ、どれも、『はぁ?』な説明です。

普通に考えれば、取引所の破たんや閉鎖、取引中止で、数百億にも上る損害が出ているわけだから、こんなリスクの高いものからは誰もが逃げ出すはずです。

でも実際にはそうはならず、その価値は安定している。

各国の政府が注意を促しているにも関わらず……です。

不思議ですね。

これにはいろんな理由が考えられますが、そのシステムや現在の生活形態がそうさせているという専門家の話はナンセンス。


理由はもっとシンプルで人間臭いものだと思いますね。


自国の通貨が不安定な国であれば、仮想通貨の方がずいぶんマシなものになりますね。
デノミで今の貯金が10分の1や100分の1にされるよりは、仮想通貨に変えていた方がお得ですから。

また、『勘違い』による誤った判断も多数みられると思います。

ネット上のニュース記事でしたが、商業店舗でビットコインでの売り上げが上がっているそうです。
ビットコインそのものが値崩れしないし、むしろ徐々に上がっているこの状況なので、換金せずに保有することで、将来的に社員の給与に充てることも考えている……という、とんでもない思考のようです。

怖いですね。

こういう会社には勤めたくありません。

取引所の破たんに巻き込まれていなければ、勝ち組の人はすでに売り抜けて、高額な利益をすでに確保しています。

この時に、世界中で一時、暴落しました。

でも、仮想通貨が無くなると困る人たちがいます。

裏でいろいろと動く人たちです。
それと取引所。

だから取引所は、みんなで『破綻したのは、取引所一社の問題だ。ビットコインには問題ない』と発表しましたね。
まぁその後、他の取引所もサイバー攻撃で盗まれたり閉鎖してるので、保身のための大風呂敷だということは、普通の人にはわかります。

ただ、儲けに目がくらむとそれが見えません。

危険を感じて換金する人以外に、換金する手間を取るより、実際の支払いに使用する人もいます。

しかしビットコインでの支払いが可能な店舗は限られています。

ですから、そこの売り上げが伸びるのは当然です。

支払われた時点で、普通ならすぐに換金に向かうところですが、相場が好調なものだから様子見をする……売りに出ないから、値が上がる。
もしかすると……と期待する。

つまり、いろんな理由でビットコインを妄信している人たちがいるおかげで、現状のようになっているというわけです。

では、『妄信している人がいる限り仮想通貨は安定するの?』ということにもなりそうですが、これは有り得ませんね。

元々、無価値なものですから、いつかは無価値に収束していきます。

現在、ビットコインを買っているのは、価値があるものかのように騙されている人たちか、投機目的の人たち。
無限に上がり続けるわけではないので、取引量も次第に減少。
手数料で食べてる取引所も困窮へ……。

国によって判断は違うだろうけど、日本では証券会社で仮想通貨の売買は禁止。

ということは、取引所は仮想通貨一本で稼いでいくしかない。

はっきり言うと、無謀な会社経営。

取引所の最大手だったマウントゴックスが破たんしたのも、ある意味わかりきっていたこと。
計画犯だと言われても仕方ない。

取引所の閉鎖が増えれば、換金は難しくなりユーザーも離れ、個人商店のような規模に縮小される。
そうなると今でもザルのセキュリティーは、さらに悪化して、外部機器に保存するような状態に。
便利なはずの仮想通貨が、使いにくくなり、サイバー攻撃にあっても何の保証もしない取引所を使うユーザーは限りなく小さくなっていく。
当然、流通量も減って……。

これがどれくらいの速度で起こるかはわからないけど、今現在、サイバー攻撃によって容易に盗まれているところから想像すると、一瞬で終わってしまう可能性もあるかな。



 

ファイル共有サイトMegauploadが19日閉鎖

ファイル共有サービスを提供していたMegauploadが19日、FBIによって閉鎖されました。

いつかはそうなるだろうと思っていましたが、けっこう遅かったですね。
関係者7人を起訴したとなると、しばらくはこの手のサイトは形をひそめるでしょうね。
書作権侵害コンテンツの最大規模と言われていましたから、この余波はどこまで続くのでしょうか……。

しかし、著作権侵害コンテンツは中国系のサイトが多いです。
ウイルスを仕込まれたサイトもそう。

いくら悪質なサイトを摘発しても、全世界が一緒に取り組まなければ、単にサーバーを移転するだけになってしまいます。

今回の閉鎖がどれだけの影響力を持つのかが注目されますね。

例えばサックスで…

ある程度、集客を念頭にサイトを運営して数年を経たWEBマスターは、自分のサイトを売り込むのは無く、ユーザーが欲しい情報を作ることに力を入れます。

初心者は、これがSEOだと言わんばかりに自分のサイトの被リンク集めやキーワードの選定に必死になってしまいます。
それが悪いとは言いませんが、本来のWEBサイトの意味合いからは大きく逸脱している場合が多いのは事実です。
『保険』や『ダイエット』など、価値のあるキーワードに沿ったサイトを作り、SEOに躍起になってコストも時間もかけてしまう……これがはたして意味のあることなのでしょうか。

WEBは、多岐にわたる情報を求めています。
これはインターネットが始まってから変わってはいません。
ところが、現在増え続けるサイトは、似たようなキーワードばかりを持っていて、全体から考えると利の少ない(または全く無価値)のサイトが多くを占めます。

キーワードそのものが、利益に直結するように考えられたサイトが多いわけですから、偏るのは当たり前。
でも、ライバルサイトはかなりの数が存在するわけですから、そこで勝ち残るのは至難の業です。
いくらSEOを駆使してみても、付け焼刃の知識では絶対に生き残れません。

そこでWEBの本来のあり方を考えます。
人が求める情報は、多岐にわたっていますから、サイトもそれに従うことで弱小サイトでもオーソリティになれるのですね。

例えばサックスで…

http://blogs.yahoo.co.jp/thomas_blues_206sw/57606953.html


http://purple-cat.info/sense/saxophone/tanabe.html

田辺管楽器は昔の管楽器のメーカーですが、その存在はあまり有名ではありません。
NIKKAN(日本管楽器)の名前は知っていても、同時期に優劣を競いあったTANABEの知名度は何故か低い……。

でも、日本の管楽器をけん引してきたメーカーですから、その情報は価値があります。
ところがWEBにはNIKKANに関するサイトの数から比べると、無いに等しいくらいです。
ですから、こういった情報のサイトを作ることで、価値の高いサイトと成り得るわけです。

マニアックな情報で十分なのです。
その情報で一番を取れることが、ウェブでの生き残りにつながるわけですから。

【固定権利金連続獲得マニュアル】情報商材を返金させたい方

情報商材で未だに詐欺行為を働く輩がいるのは実に残念なことですが、騙されたと思ったら泣き寝入りせずにきちんと返金を要求することが大切です。
詐欺集団は、詐欺商材の購入者が泣き寝入りするのを待っています。
でも、騙されたみなさんがきちんと返金要求すれば、販売者は一件一件それに対応することはできませんし、利益よりも損害の方が大きくなることは必至です。

だから、情報商材詐欺に遭ったと思ったら、必ず返金要求してください。

……前置きはこれくらいにしておいて本題です。

タイトルにある【固定権利金連続獲得マニュアル】を買われて返金要求されている方からコメント頂きました。
今現在、返金要求している状態だということです。
私は商材の内容は知りませんが、サイトを見る限りとても信用できる内容ではありません。
(商品を販売するなら、せめて関係法令くらいは勉強すべきでしょうね。突っ込みどころが多過ぎです)

とりあえずこれが詐欺かどうかは別にして、騙されたと感じた方、返金要求を考えている方がいらっしゃいましたら、コメントをお待ちしています。
一人ではなかなか行動を起こすのは難しいのですが、仲間がいれば頑張れる方もいるでしょう。


怪しいサイトの見分け方

騙されないようにするには、自分で知識を得ることが一番なのですが、騙されやすい人は、儲け話を安易に正当化してしまう傾向にあります。

簡単に儲かる方法は無い……と頭では理解していても、何故か信用してしまいます。
これは、『怪しい…』というだけでは、否定する理由が弱く感じてしまう為です。

そこで、『怪しい』から『絶対に信用できない』へきちんと判断できるような見分け方を記しておきます。

☆サイトのドメインが代理ドメインなものは、真っ当な商売をする気が無い証拠!!

これは簡単です。
サイトのURL、会社や商業を営む人ならほぼ自分でドメインを取得しています。
ニフティなら『nifty.com』、ヤフーなら『yahoo.co.jp』です。
これは自分のブランドとなるものですから、登録名は自分にするのが当たり前。

ところが、個人のプライバシーなどの理由で代理ドメインが存在します。
これは、ドメインを取得したい人に代わって、代理会社の名義で取得するサービスです。
通常ドメイン情報はすべて公開されているので、インターネットで公開されているサイトのドメイン情報は、誰でも確認することが可能です。

これが、代理ドメインだと、そのドメインの実際の使用者は代理した会社の裏側に隠れてしまって誰もその情報を知ることができません。

個人でホームページを作ったりする人が誹謗中傷から身を守るには有効な手段ですが、商売を営む人が代理ドメインを使っていると、その商品に対して責任を取るつもりが一切無いということに他なりません。

詐欺サイトのほぼ全てが代理ドメインを使用しています。(または虚偽名義)

特定商取引に関する表記で代表者や住所が記載されていても、いくらでもウソが書けるし、虚偽の場合も少なくありません。

代理ドメインは、ほとんどのレンタルサーバーでサービスとして提供されていますので、その手のサービスを利用しているサイトで商品の購入をするようなことは控えてください。


☆サイトが検索エンジンにキャッシュされていないページは信用しない

商材の販売ページにたどり着く方法はいくつかありますが、悪質なサイトだと検索エンジンからインデックス削除を受けています。
今はYahooもGoogleと同じなので、Googleのキャッシュで調べるといいですね。

検索エンジンで【site: 調べたいサイトのURL 】でインデックスされているかどうかわかります。
できたてのサイトは、インデックスされてないものですから、インデックスされていないから全て悪質だというわけではありません。
でも、今現在、検索エンジンから信頼されていない(評価されていない)ことだけは確実ですので、そういうサイトでモノを購入するのは危険です。


☆ブラックリストに載っているかどうかを調べる

これが一番簡単ですが、出来たばかりのサイトはブラックリストには載っていません。
ですから、上記の二つのチェックが大切になります。

ご存じの方も多いと思いますが、チェックするにはこちらのサイトが便利です。

http://www.aguse.jp/

ちなみに、上で書いた情報商材の販売元のサイトを調べてみると、ブラックリストに載っていることがわかります。
販売元のサイトURL(http://www.infoidea.ne.jp/)
興味がある方は、チェックしてみてください。

……長くなったので、続きは次回に。

SEOばかり追うからSEOがダメになる

最近、全くチェックしていなかったけれど、世間ではGoogleの変動に右往左往している人も多いみたいだ。
自サイトをチェックしてみるが、下がったサイトはゼロ。
すべて上向き。

Googleのアルゴリズム更新は決して万能ではないけれど、良い方向に向かっているように思う。
内容のあるサイトは検索結果上で揺るがない位置にいるし、どうでもいいブログなどは下の方でチョロチョロしている。
しかし、ブログでも内容のある記事は、しっかりと上位に挙がっている。

これを、キーワードの出現率がどうとか、リンクのキーワードがどうとか、大げさに説明しているサイトを見ると、つい笑ってしまう。

サイトとキーワードのマッチングは、そのサイトがどんなサイトなのかを判断する材料にはなるけれど、それが多いか少ないかで、サイトの利用価値が決められるものではありません。
ちなみに、有益なサイトへのリンクがメインのサイトを持っていますが、メインキーワードのページ内の出現率は10%。
アンカーテキストもURLをそのまま貼られていない場合は、ほぼ100%そのキーワードが入っています。
でもここ6~7年間、検索結果ではほぼ1位です。
(Googleダンスでも揺れたことはありません。)

リンク集なのでそれほど内容が濃いわけではありませんが、ユーザーにとっては利便性の高いサイトです。
更新もほとんどしませんが……。(年に1回するかしないか…)

スパム行為が悪い結果をもたらすのは明らかな事実ですが、人の目で見たり読んだりして、嫌悪感や違和感を感じなければ、気にする必要はありません。
細かいSEOに振り回されるよりも、サイトの内容を充実させた方が、絶対に良い結果をもたらします。

SEOを追いすぎると、本当にやるべきことを見失ってしまいますから。


……最後にもうひとつ。
構文などのサイト構造を診断して点数をつけるツールをインターネットで良く見かけますが、月間数万を稼ぐサイトを診断してみると、30点。
他のツールでも50点でした。

『改善の必要有り』らしいですが、改善して1位から転落すると大変なので、止めておきます。


中古ドメインについて

SEOの面から考える中古ドメインの価値。
今でも情報商材で売るためのネタになっている中古ドメインですが、本当に価値があるのは極一部だけです。

1文字ドメインは無理かもしれないけれど、2文字ならまだ可能。(トップレベルドメインにこだわるととんでもなく高額になりますが……)

3文字でもいいでしょうし、movieとかHotelとか、内容が一目でわかるものも利用価値が高くなります。

でも中古ドメインの購入を煽っている人たちは、ドメイン年齢や被リンクばかりを説明して大げさすぎる効果だけを説明しています。
もう突っ込みどころ満載です。

YAHOO!カテゴリやGoogleディレクトリに登録されていたり、またはその登録サイトから被リンクをもらっていたりするとすごい効果があるように思っているみたいですが、大間違いです。

現在ではYAHOO!もGoogleと同じですから、Googleがオーソリティだと認めたサイトならそれなりの効果はありますが…

【カテゴリ登録サイト = オーソリティと認められるサイト】

ではありません。

オークションにかけられる魅力のあるドメインならまだしも、普通に見つけられる程度のドメインだと、インデックス削除やペナルティ、フィルタにかかっている可能性も否定できません。

カテゴリの異なるサイトからの被リンク(バックリンク)は、サイトのキーワードバランスを崩す可能性もあります。

ネットサーフィンしていて見つけたブログの記事です。

http://ameblo.jp/affilibiz/entry-10528493822.html

中古ドメインを煽って買わせようとしている人に騙されないほうがいいんじゃないの?
という内容の記事です。

同感です。

すでに大したことないと判断されて何年も経ってしまったドメインを購入しても、評価を上げるのに要する日数は新規ドメインよりも長期になります。
元々評価の高い中古ドメインに当たる確率は、かなり低いと思って間違いありません。

そういう現実を知らずに『中古ドメインを使ったらいきなり上位表示できました』なんてセリフを吐く人の思考を疑います。

同一テーマで長期に渡って運営し、そこそこのPVを獲得していた中古ドメインを購入して、同じテーマで運営するなら効果もあるでしょう。
それ以外ではページランクが4だろうが5だろうが、カテゴリ登録されていようが、関係ありません。

ユーザーはそのサイト(ページ)のテーマに惹かれてやってきます。
ユーザーの動向を分析する形で、検索エンジンは進化しています。

ページランクやドメイン年齢を基準にユーザーが訪問することはありません。

ペニーオークション

去年の年末あたりから公的機関の方でも本格的な注意がされるようになったペニーオークション。

国民生活センターの記事
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110124_1.pdf

消費者庁の運営業者に対する措置命令
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/110331premiums_1.pdf

ペニーオークションの仕組みは単純。
一人で何度でも入札ができる。
一回の入札で上がるのは1円。(そうでない場合もあるが、低価格には違いない)
しかし入札のたびに手数料がかかる。(数十円~数百円)
落札できなければ入札金額を払わなくて済むが、入札手数料は返ってこない。

ここで、普通の人は気が付きます。

運営側しか儲からないシステムだということに。

落札金額は小さいですが、その手数料は高額です。
ペニーオークションが始まった頃からそのダーク面は多くの人に知られていて、運営者側がサクラのシステム(自動入札)を使っていることは明らかでした。
入札額が、とんでもない金額になっていたのを見てしまった人も少なくありません。
定価よりもはるかに高い金額になっていましたから、人がそんな金額で入札することは考えられません。
手数料目的の詐欺行為なのは誰の目にもわかります。

そのペニーオークションが未だに存在していることが驚きです。
くだらない情報商材でペニーオークションを勧めていたり、また運営者となることを勧めているものもありましたが、利用する人がいるとは思えませんでしたね。

入札金額が500円になっているとすると、500回の入札が行われて証拠。
一回の手数料が75円なら 75×500 = 37500円の手数料がすでに支払われています。

入札時間のタイムリミットがきても、入札されるごとに時間が追加されていつまでたっても終わりません。
画面を眺めておくと面白いですが、詐欺なのが良くわかります。

普通は、自分の入札金額が越されればすぐに入札します。
ところがこれは、時間制限がきたぎりぎりのタイミングでほぼ一人が入札しています。
入札者名はぐるぐる同じ人が繰り返されています。

ぎりぎりのタイミングを狙うのであれば、数人の入札者がかぶるのが当たり前。
一人の人が順番に行儀よく入札を繰り返すことはありません。

商品の金額に見合うだけの手数料がたまるまでは、ひたすら入札が繰り返されます。
不毛な入札です。

過去の落札金額から手数料を計算してみてください。
多くの人が損をしていることが、簡単にわかります。

アクセスは稼げても、楽しくない理由

アクセスの少なかったサイトが軒並みきれいさっぱり、存在価値を失ってしまったようです。
日記系ブログやテーマを絞れていないサイトは、利用価値なしの判定。

当然といえば当然の結果だけれども、なぜか割り切れません。

どれくらいが自分の限界点なのかと本気でがっつり稼いでみようかと思っていましたが、少しやる気が失せてしまいそうです。
それほど為になるページとは言い難いけれど、数百もあるページが全く評価されないものになると厳しいですね。
アフィリエイトだけを追いかけるなら、ユーザーが好みそうなネタを仕入れてくれば良いわけで。
でも自己表現の場として作っていたサイトが、検索エンジンからは意味のないものとして扱われてしまうと、なんだかなぁ~です。

一般ユーザーの為になる情報を公開したいとは思うけれど、本音は同じ価値観を持つユーザーと共有すべき空間を持ちたい。
アフィリエイトはあくまでもそのついで。
テクニックだけで自分のサイトが上位表示されても、自分を表現したサイトが消えてしまえば、全然楽しくない。

昨日のPVが4万程度ですが、そのPVのほとんどがテクニックで稼いだPV。
自分のオリジナル色の強いサイトは閑古鳥です。

以前はたくさんの方から励ましのメールを送ってもらったサイトなんですけどね。
儲け話の話なんて、一切出なくて、人とのつながりを楽しく感じた頃です。
でも今Googleの変化の中では価値がないと判断されたようですから、あきらめるしかありませんね。

いつかまた需要が出てきたときに復活できるでしょう。

話は変わりますが、アフィリエイト系はハードルが高くなってどうにもなりませんね。

久しぶりにウェブマスターツールをチェックしてみたら…

最近サボり気味だったサイトのチェック。
サイトの収入はそこそこあるので特に気にしてはなかった。
パンダアップデートも自分には関係ないもののように思っていたし。

…が!!

やばいことになってましたね。
おもわしくないサイトが、さらにダメになってました。

メインサイトは順調すぎるほど順調ですが、上位にいなかったサイトに限って評価が大きく下落したもよう。
ウェブマスターツールで見ると、インデックスはされているものの、バックリンクとしては全く機能していません。
役に立たないページばかりと判断されたようです。

記事の内容の薄いブログは、軒並みレベルダウンじゃないかな。

個人運営の検索エンジンのページとかは、あまり意味がなかったけれど、これで全く無意味なものになりそうです。
評価の低いページとの相互リンクが逆効果になりそうな雰囲気も漂っています。

内容重視になりましたね。

閲覧回数。
閲覧時間。
この辺りがポイント。

バラけて運営していたサイトを、そろそろまとめてひとつにするべきか悩むところです。
サイト規模を大きくして、ドメイン全体の信用度を上げることに力をそそぐ必要がありそうなんですけど、ダメなサイトばかりを繋げてもはたして上手くいくかどうか……。

このまま放っておいても何の役にも立たないので、とりあえず試してみましょうか。

より以前の記事一覧