« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

SEOばかり追うからSEOがダメになる

最近、全くチェックしていなかったけれど、世間ではGoogleの変動に右往左往している人も多いみたいだ。
自サイトをチェックしてみるが、下がったサイトはゼロ。
すべて上向き。

Googleのアルゴリズム更新は決して万能ではないけれど、良い方向に向かっているように思う。
内容のあるサイトは検索結果上で揺るがない位置にいるし、どうでもいいブログなどは下の方でチョロチョロしている。
しかし、ブログでも内容のある記事は、しっかりと上位に挙がっている。

これを、キーワードの出現率がどうとか、リンクのキーワードがどうとか、大げさに説明しているサイトを見ると、つい笑ってしまう。

サイトとキーワードのマッチングは、そのサイトがどんなサイトなのかを判断する材料にはなるけれど、それが多いか少ないかで、サイトの利用価値が決められるものではありません。
ちなみに、有益なサイトへのリンクがメインのサイトを持っていますが、メインキーワードのページ内の出現率は10%。
アンカーテキストもURLをそのまま貼られていない場合は、ほぼ100%そのキーワードが入っています。
でもここ6~7年間、検索結果ではほぼ1位です。
(Googleダンスでも揺れたことはありません。)

リンク集なのでそれほど内容が濃いわけではありませんが、ユーザーにとっては利便性の高いサイトです。
更新もほとんどしませんが……。(年に1回するかしないか…)

スパム行為が悪い結果をもたらすのは明らかな事実ですが、人の目で見たり読んだりして、嫌悪感や違和感を感じなければ、気にする必要はありません。
細かいSEOに振り回されるよりも、サイトの内容を充実させた方が、絶対に良い結果をもたらします。

SEOを追いすぎると、本当にやるべきことを見失ってしまいますから。


……最後にもうひとつ。
構文などのサイト構造を診断して点数をつけるツールをインターネットで良く見かけますが、月間数万を稼ぐサイトを診断してみると、30点。
他のツールでも50点でした。

『改善の必要有り』らしいですが、改善して1位から転落すると大変なので、止めておきます。


« 2011年6月 | トップページ | 2011年10月 »