« 中古ドメインに関して、説明していなかったこと | トップページ | 検索エンジンにおける被リンクのドメインについて »

Yahoo!がGoogleのシステムを使うようになって…

Yahoo!でアクセスを稼いでいたサイトへのアクセスは激減しました。
Yahoo!の【サイトエクスプローラー】などのサービスも終了してしまったので、事実上、GoogleのWEBマスターツールに基づいて対策するだけとなりました。

このWEBマスターツールも、昔からするとどんどん変化していますが、昔は単に被リンクだけを確認していた【リンク元】ですが、今は同じドメインからいくつリンクをもらっているか、そのドメインからリンクをもらっているページがいくつあるかなど、初心者が見てしまうとやる気がうせてしまいそうな内容になっています。

サイトをいくつも持っているベテランWEBマスターならともかく、初心者が何から手を付けようと考えた時に、今のWEBマスターツールでは手掛かりになるようなものは掴めないような気がします。
初心者には読み取りにくいシステムになってしまいました。
それにドメインの数を要求してしまうと、被リンクの為だけに無料のサイトや無料のブログを使って意味の無いページを量産してしまう人が増えるのは容易に想像できます。

基本はやはりアクセス解析をつかって、検索エンジンの癖を知るのにWEBマスターツールを使う……という感じが良いはずです。

それとこのWEBマスターツール、久しぶりに覗いてびっくりしましたが、管理者登録していないサイトまで、何故か管理者確認されていて、WEBマスターツールに登録するかどうか聞いてきました。
何から読み取ったんでしょうね。
AdSenseの広告は一時期貼っていましたからそこから判断されないこともないでしょうけど、広告はなんてものは誤って他人の記事を読み込んだ時も出てしまいますから、そう正確に判断できるツールとなるようなものではありません。

恐るべしGoogleです。

ドメインでは絶対にわからないサイトであっただけに、何故、同一管理者とわかったのか、謎が深まります。

ちなみにGoogleアカウントは複数所持しています。
もしかすると、これもしっかり把握されているかもしれませんね。

« 中古ドメインに関して、説明していなかったこと | トップページ | 検索エンジンにおける被リンクのドメインについて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/50236069

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo!がGoogleのシステムを使うようになって…:

« 中古ドメインに関して、説明していなかったこと | トップページ | 検索エンジンにおける被リンクのドメインについて »