« SEO業者の選定 -悪質SEO業者を見極める- | トップページ | SEOでやるべきことと、自分では無理なこと »

ドロップシッピング家宅捜索

産経ニュースから引用
http://sankei.jp.msn.com/

============================

個人が業者に代わってインターネット上で商品を宣伝、販売する「ドロップシッピング」(DS)と呼ばれる電子商取引をめぐり、ネット関連会社「サイト」(東京都台東区)が家宅捜索を受けた特定商取引法違反事件で、警視庁生活経済課は29日、同法違反容疑(不実の告知)で、ネット関連会社「ナビ」(中央区)など、同社の関係先十数カ所を家宅捜索した。

 サイトは今年1月9日ごろ、DSを検討していた川崎市の主婦に「2、3カ月で元が取れます」と虚偽の説明をしたなどとして、5月に家宅捜索された。その際にナビ社などとの関係を示す資料が出てきた。

 サイトは初期費用名目で全国の顧客から1億円以上を集めた疑いがあるが、1件も注文がこないなどのトラブルが相次ぎ、国民生活センターなどにはサイトに関する100件以上の苦情相談が寄せられていた。

==============================

あれだけ注意が促されていましたが、ドロップシッピングの被害に合っていた人はまだまだ多かったようです。

ただ、国民生活センターや消費者センターに相談や苦情を入れることは、決して無駄ではないことが良く分かりましたね。
苦情が多ければ、警察も動くようです。

ドロップシッピングや情報商材は、まともなものは無いということを頭に入れておきましょう。

« SEO業者の選定 -悪質SEO業者を見極める- | トップページ | SEOでやるべきことと、自分では無理なこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/48771137

この記事へのトラックバック一覧です: ドロップシッピング家宅捜索:

« SEO業者の選定 -悪質SEO業者を見極める- | トップページ | SEOでやるべきことと、自分では無理なこと »