« SEOでやるべきことと、自分では無理なこと | トップページ | Googleでパックマン »

被リンクで受けるマイナス評価

発リンクでペナルティを受けることがあるのは、よくご存じの方も多いはずです。
発リンクが、有料リンクだったり、リンクファームへのリンクだったり、ペナルティを受けているサイトへのリンクだったり……。

でも、被リンクが同じようにペナルティを受けることは無いと考えるのが一般的。
理由は、被リンクが増えることでペナルティを受けるならば、ライバルサイトへ大量のリンクを貼ることで、評価を下げることが可能になってしまいます。
それではまともな評価が不可能になってしまうので、あり得ない……と考えられているわけです。

それはある面では正しいのですが、別の面から検証するとそうではないことがわかります。

被リンクは、そのサイトを見たユーザーが、情報としての価値を認めているからこそリンクをします。
だから、被リンクが多いサイトは、良いサイトだと認められる。

……しかし、そうとばかりも言えなくなってきました。
自動で大量生産したようなサイトからひたすらリンクを貼りまくる人たちが出てきたせいです。
IPさえも変えてきますから、性質が悪いとしか言いようがありません。
SEOを意識して、検索エンジンで上位表示することだけの為に、そういったリンクファームを作ったり、逆に有料リンクを設けてSEOをビジネスとする。

仕方のないことかもしれません。

検索エンジンでの上位表示が、利益を生み出してしまうのですから。

……話をもとに戻しますが、被リンクはサイトにマイナス評価を与えないとの考えから、中身の無いサイトを大量に作って、リンクを集める人たちは後を絶ちません。

ところが、実は、これは大きな間違いなのです。

出来たばかりのサイトは検索エンジンにも読み込まれていないし、閲覧される可能性は極端に低いのが当たり前。
そんなサイトに貼られるリンクは、同じ運営者が別のサイトから貼ったものか、有料リンクである可能性が非常に高いと考えられます。
つまり、できて間もないサイトが自然なリンクを獲得する確率は低く、大量な被リンクが発生すれば、それはリンクファームだと考える方が合理的です。

当然、検索エンジンはそう判断していると思って良いでしょう。
(出来たばかりのサイトをライバルだと言って、蹴落とす為にリンクを貼りまくる人はいません。 そもそも、ライバルだと思われること自体が不自然。)

被リンクがマイナス評価を与えることがないと考えて、リンクを増やし続けている人は、非常に危険な状態です。
サイトが高い評価をすでに受けているなら、いくらリンクが増えてもマイナスに向かうことはありません。
しかし、評価の低いサイトばかりからリンクがあって、サイトを開設してからの年数が短いと、間違いなく評価は低くなります。
そしてそんなサイトからリンクを貼ると同じ目に……。

不自然な被リンクの量産は、NGです。

アルゴリズムは複雑で簡単な計算ではじきだすことはできません。
評価を下げることでも、その情報量や質さえも評価されていますから、被リンクだけで決定するものでもありません。

ただ、被リンクの無意味な量産は危険なのは事実。
被リンクを集める前に、サイトの充実を図ること。 それしかありません。
空っぽのサイトへ貼られたリンクは、リンクファームだと判断されても仕方ないでしょうね。

別の話になりますが、個人で検索エンジンや相互リンクを受け付けていたサイトの中で、登録審査を設けて、登録されるサイトを厳しく審査するところが多くなってきました。
発リンクによるダメージを考えているのでしょう。
もうその時点で、オープンな検索エンジンとは言えなくなってますね。
そういうところでは、個人の趣味で作ったようなサイトでは、とても登録してもらえないでしょう。

どんどん、初心者には厳しくなっていっています。
本当はそれではいけないのですが……。
初心者が、楽しみを持ってサイト作りに参加できる状況が増えれば、良いサイトも増え続けるはずです。
でも現状では、サイトを作ってもWEBの海に沈んでいくだけです。
……何か良い方法があれば、いいんですけど。

« SEOでやるべきことと、自分では無理なこと | トップページ | Googleでパックマン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/48852797

この記事へのトラックバック一覧です: 被リンクで受けるマイナス評価:

« SEOでやるべきことと、自分では無理なこと | トップページ | Googleでパックマン »