« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

SEO,アフィリエイト無料レポートって、偉そうに書いてる割には…

無料レポートって書いてあったので、ダウンロードしてみました。
……なんだか、すごくできる人間が書いたのかのように表現されていましたが、中身はゼロでした。
無料でDVDがもらえるらしいですが、個人情報を流されてはたまらないのでそれはしません。

でも、この無料レポートで騙される人は多いでしょうね。

前向きな表現ばかりで、行動することの重要性が前面に押し出されています。
これを信じて行動する人は勝ち組になれる可能性があるが、否定ばかりして何もしない人には可能性がない。
何故無料で公開するのかという理由がダラダラと……。

で、上手いこと言うもんだなと思ったのが、1ページで数万稼ぐサイトを持つことと、100円を稼ぐサイトを100以上作って数万稼ぐことのリスクの違い。
1ページだと、そのページが何かしらの理由でダメになったら全部が無くなることに対して、100円のサイトなら、ひとつふたつ無くなっても全体に及ぼす影響はわずかだという。
リスクは遥かに少なくなるんだそうだ。

そりゃ、騙される人もいるな。

確かにその論理が通用する仕事もあるからね。
ところがインターネットに関しては、逆。

検索エンジンで正攻法で上位表示されているサイトは、多少のダメージを受けても圏外に飛ばされることは無いのに対して、それほど価値のないサイトはいつインターネットという海の果てに飛ばされてもおかしくない。

つまり数万円を稼ぐページのランクが落ちてもゼロになることはなく、大して価値のないページは、一気に全部消えてしまう可能性の方が高い。
正攻法でやっているなら、たとえ少なくても利用価値の高いサイトを作る方が、リスクは低いのが当たり前。

悪質なサイト(スパムなど)で稼いでいるなら、数が多い方がリスクは少ないでしょうけど。


それと、「自分たちと一緒に頑張る人は勝ち組になれるから、一緒に頑張りましょう。行動しない人は、いつまでも言い訳をつけて何もしないのです」というのは、新興宗教が良く使う手法に似てます。

信じる者は救われる論理です。信じるリスクより、信じないリスクの方が高いと思わせるテクニックです。
心理学をかじったことがある人なら、騙されもしないでしょうけど。

全編にわたって、否定することの無意味さと、肯定することの前向きさを説いていましたが、笑ってしまいました。

人間関係ならば、信じることから始めた方が、得るものは大きいです。
ところが、ビジネスでは逆です。
これでもかと疑って、徹底的にリスクを洗い出し、そのリスクを一つづつ潰していくことで、成功に近づきます。
肯定はばかりを擁護していては、仕事は腐っていきます。
お客のクレームの如何に活かすかで、のし上がってきた人は多いですからね。

耳触りの良い言葉よりも、手厳しい意見の方が、ビジネスにとっては大切なのです。
でも、否定される方は必要ないように書かれていましたから、ぬるま湯ビジネスに徹するのでしょうね。

正常な判断をするためには
SEOやアフィリエイトの無料レポートを読む時には、そのレポートを書いた人が、自分の大嫌いな人間だと思って読むと、丁度良いくらいです。
これで普通の判断ができます。

ビジネスには妥協は禁物です。
「まぁこれくらいは……」なんて思っていると、とんでもない答えが返ってきます。
完璧にできたと思っても、帰ってくるのは普通の結果ですから。

広告なしのブログ-無料で使える広告の入っていないブログ-

どうせブログを書くなら、広告が入っていない方がいい。
見た目的にも、自分でアフィリエイトする時にも、最初から広告入りのブログで書き始めたいと思う人は少ないはず。

……でも実際は、広告の無いブログにそれほどユーザーは集中してはいません。

何故でしょう?

他のサービスに魅力があるのでしょうけどね。

広告が無くて無料で使えるブログはいくつかあります。

Googleのブロガー
https://www.blogger.com/start?hl=ja

はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/

テンプレートによっては、広告が入ってしまうものがありますが、基本は広告がはいっていません。
(はてなダイアリーは初期設定では入っていますが、削除することができます)

両方とも非常に良心的なブログです。
しかも忍者ブログは、選べるドメインの数が多いので、複数のブログを持つには最適ともいえます。

他にも広告なしの無料ブログはありますが、この2つで十分ですね。

その他の広告なしのブログ

効果的なドメイン-3文字、4文字の短いドメインを探す-

3文字ドメインをJP以外で探すものの、なかなか見つからない。
数字を含めた3文字なら何とか見つかるものの、英文字だけとなると全く見つからない。
諦めてJPで取得しようと考えるけれど、残っているものはどうも並びが……。

…で、仕方なく【.me】ドメインで取得。

【.me】はモンテネグロに割り当てられたドメイン。
一般登録が可能になった時には殺到したらしいけれど、最近はそれほどでもない。
me …という響きが、使いようによってはかなり魅力的なんだけど、目ぼしいドメインはすでに取得されているので。

love.me や Kiss.me call.me なんていうのは、誰でも欲しがりそうなドメインですから。

ただ、英文字の3文字はまだたくさん残っています。

覚えやすい、aから始まる3文字もかなり残ってます。
abh abq aeh aef afj afy ahd ahm agr aht ahr ahx aih aiy aiz ajq akz alm alz amw anq anx aod aoh aot aox ……
オールドドメインにこだわらなければ、覚えやすいドメインです。

HP作成 -joomlaでサイトを作る-

サイトをセコセコと作っていましたが、だんだん気力が薄れてきて、フリーソフトに手が伸びてしまいます。
SEOを意識するのなら、1ページづつ地道に作っていく方が正しいのでしょうけど……。

とりあえず集客のメインとなるページはしっかり作りますが、その他はjoomlaで作ることに……。

オープンソースなので無料で使えますが、レベルの高い拡張性とシンプルなシステムは文句のつけようがありませんね。
……とは言っても、初心者には多少の勉強が必要かもしれません。
それと、借りているサーバーでデーテベースが利用できることが前提です。

このjoomlaの良いところは、ある程度SEOのことも踏まえて作られていることです。
これから実際に使って、効果のほどはこれから検証してみます。

HTMLを知らない人は、それを今から勉強するよりも、joomlaを使ってサイトを作った方が楽かも知れませんね。

テンプレートも豊富で、非常に良いものがそろっていて、大手のポータルサイトのようなものも作れてしまいます。

広告の効果 -広告主の立場で集客を考えてみる-

商売をしている方でアクセスアップの為にSEOに取り組んでいる方も多いと思いますが、事業として一刻も早く事業として成り立たせるなら、インターネット広告を使うのが効果的です。

実際のところSEOは『いたちごっこ』のような面があるので、上手く集客できていたのに、突然アクセスが激減した……ということも珍しくありません。
検索エンジンのアルゴリズムは、進化改良されていくので、常に一定の保証をすることは誰もできません。

そう考えると常に一定の集客効果をもたらす『広告』を使う必要が出てきます。

モノやサービスを売りものにする商売を営んでいる人は、金額の大小にかかわらず広告を使ったことがあると思います。
新聞の折り込みチラシだったり、雑誌の広告枠、電車やバスの看板に載せたり、テレビやラジオでCMを流したり……。

まずは多くの人に知ってもらわなければいけないので、広告は大きな意味を持っています。
これを上手く利用できるかどうかで、集客の成否が決まるのですから。

テレビやラジオでのCMは高いのは言うまでもありませんが、新聞等の折り込みもけっこうコストがかかっています。
折り込み料金は、一般的には 【配布枚数×○○円】となっており、量によって違ってきます。
それにチラシは自分で作る(普通は印刷屋さんに発注)ので、この費用は別になります。

雑誌の広告枠も、掲載位置と販売冊数が料金決定の土台となります。
(……それを言えば、テレビも視聴率が元になりますが)

ですから、一回広告を打つだけで、どんなに安くても数万円は軽く飛んでいくことになります。

しかも、これは集客できるという保証はありません。
あくまでも『広告を載せる』『CMを流す』という作業の為の費用です。

ところがインターネット広告は、これとは根本が違っています。
この違いが、インターネット広告事業が未だにどんどん成長している要因と言っても過言ではありません。

何故、インターネット広告が良いのか?

それは集客とそれにかかるコストの関係が、明確だからです。

インターネット広告として良く利用されているものは、PPC広告とアフィリエイトを利用した広告。

PPC広告というのは、pay per click の略で、ユーザーが広告をクリックした時に、課金されるもの。いくら表示されても、クリックされなければ広告料金は発生しない。

Google AdWords

アフィリエイト広告は、アフィリエイトプログラムを提供しているサイトを介し、各サイトに広告を掲載してもらうというもの。クリックで課金されるものや、実際に商品が売れた時にだけ広告料金が発生するものがある。
この場合も、広告が表示されるだけでは、広告料金は発生しない。

A8.net

このことから、インターネット広告は、少なくとも集客出来た時にのみ、広告料金が発生する。
一般の広告に比べると、この違いはかなり大きいと言えます。

実際の売り上げにつながるかどうかは、商品の出来にもよるので一概には言えませんが、コストと集客のバランスという点から考えると、インターネット広告はとても優秀です。

長くなったので、続きは次の記事で……

スペースボーナスに興味がある方が多いようなので

このブログに『スペースボーナス』のキーワードで飛んでくる人が多いので、ちょっと解説。

意外と運営はしっかりしているようで、きちんと支払いもされているので、アフィリエイトで少しでも収入が欲しい方は、登録してみてもいいでしょうね。
……ただし、自己責任で。

有料リンクそのものが、検索エンジンから嫌われているので、いつか突然ダメだしを食らうこともあるかもしれません。

でも、今のところは大丈夫です。
『広告』というスタンスで認められているようで、この広告によるペナルティは確認できません。
デメリットと言えば、広告内容は選べないので、ページのキーワードバランスが多少崩れることくらいでしょうか。

ただ個人的には、今までの経緯が良くなかったので、好きではないし、それは叩いていました。
その時の記事に、アクセスが多いのです。

最初、スパムメールで、広告の掲載先となるサイトを募集していましたから。
しかも、毎回担当者名が違い、同一サイトに複数送りつけるという、何とも迷惑な行為。
相互リンク系・検索エンジン系のサイトから、抜き出したであろう雰囲気が思いっきり漂っていました。

その時は、サイトの出来も不十分で、工事中のような完成度でしたから、多くの人から胡散臭いと思われても仕方なかったでしょう。

今は、運営も落ち着いてきているようなので、興味がある方はどうぞ。
(私はこれからも利用は絶対にしませんが……。)

ただ、賢いと思ったのは、必ずメールでやり取りするという部分。
大手になると厳しいはずの、この手法のおかげで、余計な部分をさらさずにいられます。
ページランクで報酬が違うとかいう、有料リンクにみられそうな内容も、外には漏らさずにすみますからね。

しかし、すごいリンク数ですよ。
被リンクを売り物にしているSEO業者よりも、ここに広告を載せた方がいいかもしれない。
……それが直接、SEOに効果があるかと聞かれれば、そうだとは言いませんけどね。

広告主の検索順位もちょっと見てみましたが、被リンクの数から考えると、もっと上にあっていいですね。
広告先がブログが多そうなので、数のわりに効果の無いリンクも多いせいでしょう。

収入が無いアフィリエイターは、どうぞ。

スペース・ボーナス再び

スペース・ボーナスその後

スペース・ボーナスに未練のある人もいるのか…

スペース・ボーナスって、スパムメールどんだけ送ってんだよ!!

スペース・ボーナス

SEO対策でオールドドメインを探していたら、ウイルスにヒット!

ツイていない時は、何をやってもツイていないようで、もうガッカリです。

新規ドメインを取得するのに、やっぱりオールドドメインが良いかと、期限切れしたばかりのドメインを探していたら、ウイルスにあたってしまいました。

検索エンジンにキャッシュされたページが多いもの選んで、一応以前の内容を確認していたんですけど、キャッシュ見てたら、ウイルスを外部リンクから引っ張ってくるようにしていたみたいで、すでにサイトは無いのにも関わらず、キャッシュが呼び出してしまって……。

とりあえずウイルス対策ソフトがはじいてくれたので、大事には至ってないと思いますが、念の為に全部ウイルススキャンかけてます。
大量のウイルスでしたので、慎重に越したことはありません。

間違ってもこんなろくでもないドメインなんてつかいませんけどね。

しかし、なんでインデックス削除されてなかったんでしょうね。そっちの方が不思議です。

SEO的には新規ドメインは不利ですが、評価の低い(インデックス削除とか…)オールドドメインは、もっと不利です。
独自ドメインを取得する時には、必ず確認してからにしましょう。

……確認していても、この有様ですからね。披露倍増です。

ドメイン取得

無料ブログとSEO-IDは特徴的に、スパムを避ける-

無料ブログをいくつか試していますが、差が激しすぎました。

……というか、IDを単純にしていた為に、良くないURLになっていたようです。
たぶん、前にそのID(URL)を使ってスパム行為を働いている人がいたのでしょう。
まるで、キャッシュされません。
評価の高いサイトからのリンクでさえ、全く効果がないので、もうびっくりですね。

検証の為のブログなので、再審査などは行いませんが、このブログにリンクを貼ってしまったまともなサイトのダメージが心配です。

……現状では、別サイトでいくつか消えてしまったものが。

ちょっと安易でした。

単に、無料ブログの優劣だけを測るつもりだったので、IDまでは気が回りませんでした。

とりあえず、発リンクは消しておきましたが、復活には時間がかかるかもしれません。

無料ブログを使う時は、IDは難しい方がいいのかも。
(なんだか、面倒ですが……)

未だにスパム行為で頑張る人が多いですから、注意は必要でしょう。

使い始めて、あまりにも長い間キャッシュもされないようなら、乗り換えた方がいいでしょうね。

……あ~~しかし、ダメージが痛い。
アクセスは半減、まだ影響が広がる可能性も……。

もし、相互リンクしているサイトにも影響が出たら申し訳ないので、その時は影響の無い別サイトからリンクします。
あーー! うちのリンクが無くなっている……と、驚かなくても大丈夫です。

ウェブマスターツールが必須な理由

今でも『サイトが検索エンジンからインデックスから削除されたかもしれません』というような相談を見かけることがあります。

でも、インデックス削除されるのは悪質な場合なので、ただ検索結果の順位が下がったりするのは、機械的判定でそのページの評価が低くなった可能性が高いです。
また、クローラボットが巡回してきた時に、サーバーがメンテナンス中でアクセスできなかった場合などでも、インデックスから消えてしまうこともあります。

検索結果から消えてしまった理由が、Googleのガイドライン違反なのか、他にあるのかは、簡単にはわかりません。
なのに、慌てて余計な対策を講じると、状況を悪くしてしまうこともあります。

しかし、スパム判定を受けて、インデックス削除を受けた場合は、ウェブマスターツールを利用していればGoogleから連絡がきます。

以下のリンクは、インデックス削除された方の投稿です。(Googleヘルプフォーラム)

http://www.google.com/support/forum/p/webmasters/thread?tid=079ee0621151d719&hl=ja

自分のサイトがインデックス削除を受けたかどうかを確認するのも、そこから再審査で復活するのにも、ウェブマスターツールは必須となるわけです。

サイト運営者には欠かせないツールです。

今頃エイジングフィルタ?

何気に気がついてしまったけれど、Googleで検索結果に全く表示されていなくなっていました。
いつのまに……という感じです。

ウェブマスターツールでも何も連絡はないし、【site: 】でもトップページはきちんと上位表示されているので、ペナルティとは思えません。
(元々ペナルティの要素など無いのですが……)

ただ、最近はブログの更新もマメで、被リンクは確実に増えていましたから、エイジングフィルタ現象が起きても納得なのですが。

……もうこのまま放置です。

わざわざリンクを少なくする意味も無いし、YAHOOでは上位表示できているので、そこからのアクセスがメインですので。

しかし、ドメインごと一切表示されないというのは、ちょっとがっかりですね。

さて、新規ドメインは何にしようかな。

Google 検索エンジン最適化 (SEO) レポートカード

google ウェブマスター セントラルの記事(2010/03/30)で、google seo レポートカードが公開されています。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: Google 検索エンジン最適化 (SEO) レポートカード

Google 検索エンジン最適化 (SEO) レポートカード

初心者にはちょっとわかりにくい説明で、今まで一般的に言われていることがほとんどですが、googleの各ページを実際に検討しているレポートなので面白いですね。

タイトルタグは60文字(全角なら30文字)で、ページの内容をきちんと説明しておく……や、訴追力のあるサイトリンクを表示させる為には、階層構造にする……などです。

本家Googleでさえ、改善の必要が多数あるのですから、普通の人にはなかなか難しいのも仕方ないと言えるでしょうね。

一般的なSEO対策

ただ、いつも思いますが、検索エンジン側がSEOと呼んでいるのは、内部対策のみです。
サイト内の適切な説明だったり、内部リンクのアンカーテキストだったり。

巷で騒がれるのは、外部リンク(被リンク)がメイン。

この温度差は大きいですね。

ユーザーによって、どちらを優先するかは違ってくるでしょう。

私は前者です。(内部対策に重点を置いています)
これには即効性はありませんが、一度上位に上がると、ほぼ落ちることがありません。

外部リンクに依存している割合が大きければ大きいほど、検索結果が不安定になる確率は高いです。
(質の高い被リンクなら、不安定になることはありませんし、SEO的には大きな効果を得られます)

必死でブログを量産して、リンクを貼りまくって最初は効果が上がっても、そのうちに効果は薄れていきます。

インデックス更新において、Yahoo!でもGoogleでも、順位の変動があって落ちた……と嘆いている方もいますが、これは外部リンクに依存している割合が高い為だと思われます。
良くに立たないサイト(情報)をインデックスしておくのは、資源の無駄遣いなので、定期的に重要度が下げられいる……と解釈するのが、一番理解しやすいかと思います。

継続的なアクセスアップを望むなら、内部対策からでしょうね。

アフィリエイトでどれ位稼げるのかという答えは難しいけれど…

努力に比例するとしか……言い難いですね。

実際にサイトを管理運営している人なら、そのアクセス数やPV数からおおよその稼ぎを算出できますが、全くの初心者だと判断基準がないので、計算しようがありません。

でも、アフィリエイトに興味を持っている人は多くて、ネット上では然もものすごい収入がゲットできるかのように書かれているサイトもあるし(全くのウソ、デタラメです)、逆に儲からないと書かれているサイトもあるし……。

実際のところを知りたい方も多いと思うので、本音で書いておきます。

……とりあえず、全くの初心者で各分野の専門知識の無い人だと想定します。

一般の人の日記の場合、一日のアクセス数は0~20程度です。
2~3行の日記だと、0~5程です。
広告のクリック率が2%程度ですので、月間のアクセスが1000ほどになるでしょうから、クリックされるのは、20回。
クリック型なら、×クリック単価 をすれば答えが出ます。

AdSenseの場合、1~500円ですが、大体10円程度なので月の収入は200円になります。
たぶん、初心者の方はこれくらいのはずです。
(AdSenseは、稼げるツールですが、ある程度アクセスを稼げる人向けです。安定感があるので、収入に大きな波はありません)

ですので、初心者が稼ごうと思ったら、成果報酬型でなければ儲からないことになります。

初心者の方にA8netが人気なのは、そういう理由もあります。
アクセスが少なくても、単発的に報酬につながる可能性があるからです。

報酬単価の高額なものだと、数万円もあるので、上手くいけば、2~3万円にはなります。
(それを続けるのは難しいです)
どうしても稼げないという人には、こういうのもあります。↓
A8.netのエントリー型広告でブログに記事を書いて報酬ゲット

報酬はそんなに高くありませんが、頑張った結果が少しでも出ると、収入を得る実感がつかめるかもしれません。

感覚的に言うと、月に5000円稼げていない人がいるとすれば(けっこう多いですが)、ウソの情報に踊らされて間違ったアフィリエイトをしているか、そのブログ(サイト)の内容が、全く価値の無いものであるかのどちらかです。

ブログ(サイト)の記事で、文字数が300以下のものは、その記事が無いのに等しいです。
そんな記事で稼げるのは、名の売れた有名人のみ。

こういう基本的なことさえも、なかなか教えてもらえず、ネットの海に埋もれていくサイトは多いです。

アフィリエイトプログラム

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »