« サイト診断 | トップページ | googlebotが頻繁に…… »

フィッシング詐欺を手伝ってくれれば、60万円以上の報酬を支払う

インターネット上で「一緒に詐欺をやれば報酬を渡す」とうそのもうけ話を持ちかけ、オークションIDなどを手に入れ、実際にそのIDを詐欺に使うようなことはせずに、詐欺に加わったことを逆に脅して金を奪っていた、自称映画監督、矢嶋佑(27)、妻の香枝(23)の両容疑者と、神奈川県綾瀬市の高校3年の少年(18)が2009年11月に逮捕されていたようです。
全国の65人が被害にあい、被害総額約5千万円に上るそうです。

しかもこの自称映画監督、矢嶋佑(27)という男、現職苫小牧市議の息子だったというから呆れるというか……。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A2%E5%B6%8B%E4%BD%91
ウィキペディアでも名前が出てきていて、なんだか実業家のように書かれていますが、実際は去年も無職で収入は詐欺で得たものだということでした。
パトカーに載っている映像が流れていましたが、うすら笑いを浮かべて、気味が悪いですね。

今日の夕方のニュースで騙された女性のインタビューが出てました。
サラ金から400万借りて、渡していたようです。

元々、自分の利益の為に他人を騙しても良いという意識から、逆に自分が騙されているので、あまり同情する気にもなれませんが、安易に手を出してしまうのは、インターネット犯罪の特徴だともいえます。

上手い儲け話を言っている人は多いですが、騙されると犯罪に巻き込まれます。

« サイト診断 | トップページ | googlebotが頻繁に…… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/47758152

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシング詐欺を手伝ってくれれば、60万円以上の報酬を支払う:

« サイト診断 | トップページ | googlebotが頻繁に…… »