« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

3万円ください。10位以内にします。……なんじゃそれりゃ!?

友人から「笑えるメールが届いたので、ブログのネタにでもどうぞ……」と一つのメールが添付されてきました。
中身はタイトル通りで、相互リンクしてもらえそうなリストを3万円で買いませんか?という内容。

……誰も買わないでしょうね。

メジャーなキーワードでは無理ですが、マイナーなキーワードなら10位以内は確実のような書き方がされています。
(ちなみの友人のサイトは、そこそこアクセスを稼げるキーワードで、Yahoo! Google ともに1位です。そんなサイト宛てにこんな宣伝送ってきても…… ┐('~`;)┌ せめて送る相手くらいは考えないと……)

適当な相互リンクの効果はすでに失われつつありますが、力のあるページからなら確かに効果は大きいです。

……しかし、相互リンクの実際の作業は自分の手でするわけで、

自分のサイトとのマッチングも不明で、

実際本当にリンクがもらえるのかもわからない、

リンクしてもらってもそれが意味のない深い下位層のページだったり、

しかもそういうのは探そうと思えば自分で探せるわけで……

高過ぎますね、3万円。

この金額で、相互リンクの達成率が8割を下回ったらクレームがきますよ。
相互リンクは相手を見極めて行うのが基本ですから、今すぐに消えてしまいそうなサイトだと誰も応じてくれません。
そういうことをきちんと説明した上で販売しないと……。

相互リンクの相手を探すのに、『相互リンク』なんてワードで検索かけても、大したものは出てきません。
それに過度な相互リンクを行っているサイトへのリンクはリスクが伴いますので、お気をつけください。

アクセスの質について

アクセスアップやSEOについて、その手法を解説しているサイトは多いですが、そのアクセスの質について説明しているのはとても少ないのが現状です。
検索エンジンから飛んでくる100のユーザーと、相互リンクから飛んでくる100のユーザーとでは、一見同じに感じますが、実際は大きく違います。

【有効アクセス】と【空アクセス】の説明は、こちらを読んでください。

アクセスアップ

アフィリエイトをしている方にとっては、この『アクセスの質』はかなり重要なので、しっかりと検証することが成功への近道です。

たとえ全体のアクセス数が少なくても【有効アクセス】がその大部分を占めていれば、確実に結果は出せます。
逆にいくらアクセスが多くても【空アクセス】ばかりでは、誰も見ていないのと同じような状況になります。

表面上の数字の大小だけでは、自分のアクセスアップやSEOが本当に為になっているのかわからないものです。
ですから、そのアクセスが【有効アクセス】なのか【空アクセス】なのか、判別しなければいけません。
判断材料はいくつかありますが、一番わかりやすいのは『ウェブページの滞在時間』です。
アクセスしてきて、数秒で帰っていくユーザーと、しっかりとページの中を閲覧しているユーザーは、この滞在時間で簡単に判別できます。
もっと推し進めると、Aというアクセス元から飛んできたユーザーの平均滞在時間は1~30秒と短く、Bというアクセス元から飛んでくるユーザーの平均滞在時間は5分を超えているような状態なら、Bとの関係に重点をおかなければいけないということになります。

相互リンク、ランキングサイト、検索エンジン、ブログ記事やらトラックバック……どこからのアクセスが、自分にとって一番有効であるのか?
それを知ることが、効率的なアクセスアップの方法です。

google AdSense から広告5000円無料券

googleより5000円分の無料券が送られてきました。
1
以前はメールで送られてきていましたが、宣伝効果が薄かったのか、今回は封書です。

ネットショップを運営していれば、即利用させてもらうところですが、売り物はまったくもっていないので、今回もパスです。

利用すればアクセスもいくらか増えるのは確実なので、売り物の無い人でも利用価値は十分あります。
ショップ運営している人は、是非試してみた方がいいですね。
売上と広告宣伝費とのバランスを知る良い機会です。
上手くいけば、広告を継続利用することもできるわけですから。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »