« 新サイトで検証 | トップページ | Google Analyticsで何を見る »

サイトの階層の重要性

とりあえずトップページのみ作成。
これをアップロードして、クローラに読み込まれるようにURL登録。
検索エンジンで、フルタイトルで検索に引っ掛かるようになった時点で順次他のページをアップしていきます。
ペラペラのサイトでは検証の意味がないので、1位表示可能な作り方をしますが、力を入れれば入れるほど、時間がかかってしまいます。
この点だけが心配です。計画通りの速度で無理があった場合にはペースを落としますが、それが結果に大きな影響を与えることはないと考えています。

さて、サイトの作りについてですが、階層はすべて同じにして、トップページと他のページは同一フォルダにおきます。

サイトを作る時の考え方で、浅い階層が良いと言う人と、コンテンツごとに分けてきちんと階層を踏んでいく方がいいという人がいますが、これはそのサイトの作りで、どちらによりメリットがあるのかは違ってきます。

基本的に私はすべて同一階層(フォルダ)でページを公開しています。
理由は、トップページを重要視せずに、他のページでアクセスを稼ぐからです。
トップページでアクセスを稼ごうと考えている人は、トップページよりも下位の階層にコンテンツごとに順次ページを設けておいた方が良いでしょう。

何故そうなのか?

気が付いている人もいるでしょうけれど、検索エンジンでサイトリンクが出ているサイトはきちんと階層分けされています。
(サイトリンクというのは、検索エンジンで表示されているサイトの下部に、さらに利便性を高めるべく、各コンテンツへのリンクが表示されているものです)

私もSitemapなどはしっかり使用していますが、いつまでたってもサイトリンクは生成されません。
これはおそらく、同じ階層(フォルダ)にページが集中するとロボットの力では、どれが主なのか判別できない為だと思われます。
逆にトップページの下位にコンテンツごとにフォルダが並び、さらにその下にもあるようなサイトの構造であれば、どのページが主なのかを判別しやすく、サイトリンクも生成可能なのではないでしょうか。
当然力関係も、トップページが一番強く、下位になるほど弱まっていく……という風にも考えられます。

では私のように、一か所にまとめているとどうなのか?

おそらくトップページも他のページも、サイト内の優劣はないはずです。(被リンクの数が同じならば、です)
各ページが、同じ力を持っていると考えてもいいですね。
ただその力は分散されているかもしれません。

キーワードがしっかりと絞れていて、トップページで集客するならば、きちんと階層分けしたサイトを構築した方がいいでしょう。
一点に集中するわけですから、力も強いはずですし、検索結果のブレも少ないはずです。

でもキーワードも絞り込めず、ある程度幅を持たせて進めたい人は各ページに優劣を持たせるべきではないですね。
どのキーワードが集客してくれるかわからないわけですから、力はまんべんなく分散させておいた方が賢いと言えます。

つまり、前者はそこそこ知識のある熟練者向けで、後者は初心者か、私のような計画性があまり無い方向けでしょう。

GoogleやYahoo!に直接聞いたわけではありません。
自サイトの動きを見て感じたことですので、ひょっとするとトンチンカンなことを言っているのかもしれません。

……でも、新サイトで検証すれば、よりはっきりわかります。

今回もトップページは捨てて、内部のページでアクセスを稼ぎます。

« 新サイトで検証 | トップページ | Google Analyticsで何を見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/45477622

この記事へのトラックバック一覧です: サイトの階層の重要性:

« 新サイトで検証 | トップページ | Google Analyticsで何を見る »