« アフィリエイト初心者でもっとも重要なもの | トップページ | アフィリエイターはターゲットになりやすい »

アフィリエイト初心者は的を絞れ

ネットサーフィンしていると、広告が全く入っていないページを見かけることも少なくなりました。
ほとんどのサイトが何かしらの広告を貼っています。

そして、儲かっていないであろうサイトも良くわかる。

やたらとベタベタ幾種類も広告タグを貼りまくっているアフィリエイトサイト。
失敗作の代表的なものです。(個人的にはちんどん屋と呼んでいます。)

ページにおけるクリック率はだいたい決まっています。
これはいくら広告を増やしても変わりません。
ページに3つの広告があって、その3つのうち、どれかをクリックしてもらう確率が2%だとすると、仮に50の広告を貼って、そのクリック率が上がるのかといえば、まったくその逆で下がってしまいます。

自分で検証した結果で話をしますが、広告は多くて3つ。
それ以上は必要ありません。
多すぎるとページの内容を壊し、訪問者にも不快感を与えます。
3つ貼る場合でも、上中下と離して設置します。
PC画面を開いた時に、一つの広告タグしか見えない状態がベストです。
(商品リンクを貼るショップサイトは別です)

そして、違う種類の広告タグをなるべく同じページに貼らない。

GoogleのAdSense、Yahooのアドパートナー、Amazon(アマゾン)、楽天 アフィリエイト、A8Net この5つがあれば、ほぼすべてに対応できるので、これ以上のものは必要ありません。
他にも老舗があるが、ここでは書きません。
似たようなものをいくつ使い分けても意味がないので。

もっと絞ると、AdSenseとAmazonだけでいいのです。
アクセスを稼ぐ自信のない人は、Amazonの代わりにA8Netを使う。

初心者はあれこれ手を出したがりますが、そうなるとまず失敗します。
ひとつのツールをじっくり使いこなさないと、何が強みなのかわからないまま自滅ことになるからです。

そしてサイトを作るにあたって、アフィリエイトの紹介サイトで成功するのは、初心者にはまず無理です。
すでに地雷を踏んでいるようなものです。
インターネット関連以外で、的を絞ってサイトを作る。
広告タグもそのページにマッチしたものだけにする。
これがきちんとできていれば、クリック率は上がります。

もしクリック率が1%を切っていたら、そのページには何か問題があります。
ページのレイアウトが悪いのか、内容が乏しいのか、広告タグの貼り付け位置が悪いのか。
そこでしびれを切らして広告を増やすと、自滅です。
サイトがちんどん屋になったら、その先は廃墟しかありません。

アフィリエイト初心者は的を絞る。
これが大切です。

« アフィリエイト初心者でもっとも重要なもの | トップページ | アフィリエイターはターゲットになりやすい »

コメント

こんばんは。
よーすけです。

的を絞る・・・大切だと思います。
あれも、これもとやると
結局はどっちつかずになりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/45439317

この記事へのトラックバック一覧です: アフィリエイト初心者は的を絞れ:

« アフィリエイト初心者でもっとも重要なもの | トップページ | アフィリエイターはターゲットになりやすい »