« サイトの階層の重要性 | トップページ | 情報商材は迷惑です。何度言えばわかるのでしょう? »

Google Analyticsで何を見る

アナリティクスと読むのかアナライシスなのかはどうでもいいけれど、もうずいぶん前にこのGoogle Analyticsに使うようになってからは、すべてのサイトはこれ一本で解析しています。
アクセス解析を提供しているところは数多くあるけれど、おそらくこれが今は一番使えるツールだと思っています。
AdSense(アドセンス)を利用している人には、特におすすめ。
タグを貼りつける場所もページの一番下だというところから、良心的なシステムだと感じられます。一般的な解析ツールは、アクセスと同時にページ上部に表示され、見た目が悪く、アクセスや集客力を気にしているサイトであることが一目瞭然で読み取られてしまう。

そんなことはどうでもいいですね……今回はどこの解析ツールが良いとかいう話ではなくて、その使い方を呟いてみます。

アクセス解析を、ただユニークユーザーを数える為やPV数の確認に使っているだけなら、無い方がいいでしょう。
それでは正直、意味がない。
普通の人はキーワードくらいまでは気にするはず。どのキーワードで、どれくらいの人がアクセスしてきたのか……。
もっと考える人は、ページ別の滞在時間をチェックする。これは実はかなり重要なポイントなのですが、長くなるので今回は説明しません。

あまり詳しくない人にとっても、アクセス解析効を率的に活かせるポイントの一つが、訪問者がサイト内のページをどのように移動したか? これを確実に押さえること。
これが出来ないと、本当に大切なページは見極めることができません。

普通に考えると、現段階で集客してくれているページが一番大切なような気がします。
これはその通りで、このページを充実させることで更なる上位表示が目指せます。

……が、それではいつまで経っても良いキーワードが備わっているページ活かせない場合があります。

Google Analyticsにはクリックパターンを簡単に確認できるツールが備わっています。当該ページに設置されたリンクごとのクリック情報をわかりやすく簡単に知ることができる優れもの。
どういうことかというと、Google Analytics上で自分のページを開くと、そこにある内部リンクに%が表示されます。訪問者がそのページを開いて閲覧した後、そのページにあるどの内部リンクがクリックされたのかを%で表しているものです。
これは初心者にもとても見やすくわかりやすい。

そしてこれは非常に大切。
ページのレイアウトは人それぞれなので、どの位置がクリックされやすいのかを視覚的に捉えられると同時に、次に活かすべきページが見えてくる。
各ページを見ると、内部リンクの位置によってクリック率は多少違いますが、訪問者がサイト内のどのページ(キーワード)に興味を示しているのかが良くわかる。
しかも自分のページに%が表示されているので、内部リンクの位置や順番を変えるイメージが湧きやすい。

他人が興味を示すコンテンツを増やすことが、アクセスを伸ばす重要な要素です。

そうすることで、自然にリンクしてくれるページが多くなるので、必死に被リンク集めする必要はなくなります。
そしてこういうことが本当のSEOにつながります。
検索エンジンのスシテム変更に右往左往しながら、リンクを貼ったり外したり……そういう小手先の技ばかりに目を取られていると、肝心なところを見逃してしまいますから。

« サイトの階層の重要性 | トップページ | 情報商材は迷惑です。何度言えばわかるのでしょう? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/45486865

この記事へのトラックバック一覧です: Google Analyticsで何を見る:

« サイトの階層の重要性 | トップページ | 情報商材は迷惑です。何度言えばわかるのでしょう? »