« アドセンス(AdSense)復活 | トップページ | スペース・ボーナス »

トップページにこだわるな

サイト作りを始めると、つい力を入れ過ぎるのがトップページ。
サイトの顔とも言うべきトップページだから、肩に力が入るのも納得。

しかし、トップページは意外と見られていません。

どの検索エンジンも、キーワードに合致したページを表示してくるので、いろんな情報が混在したトップページは、検索に引っ掛かりにくいのです。
確かにリンクから飛んでくる場合はトップページからですが、検索エンジンからのアクセスとリンクを辿ってのアクセスとでは、比べ物になりません。
(お金を払って、有料広告や有料リンクを使用していると、逆転する場合もありますが)

トップページは各コンテンツの目次にしか過ぎません。
そんなページに手をかけるよりも、専門ページに力を入れた方が効率がいいのです。

良いトップページは、各コンテンツへのリンクがわかりやすく、必要以上に重くないことです。
ページが重いと読み込まれるのに時間がかかって、ネットサーファーにもクローラロボットにもあまり好まれません。
あくまでもサイトのインデックスだというつもりで作った方が間違いありません。

あまり関係ない話ですが、情報商材系の大元のサイトは、ほとんどトップページのみです。
他のページがあっても、大した表記はしてない企業情報だったり、資料請求の為のページだったり……。

なぜかって?

面倒くさいからです。

普通のアクセスアップは、検索エンジンに読み込まれながら、徐々にアクセスを伸ばします。
サイトのページが充実していけばいくほど、アクセスは増えます。

…ですが情報商材などのサイトは、回転が速いので、じっくり取り組む余裕はないのです。
長居をするとクレームも多くなり、悪評も広まるので、さっさとURLを変えてしまいます。
そんなサイトはじっくりアクセスアップしている余裕もなく、身軽な方がいいのです。
ページを分割すると、それだけ検索エンジンに読み込まれるのに時間がかかるので、ページ数は少ない方が良い……というわけです。

だから、必死になってあちこちにトラックバックを送りまくります。(掲示板に書き込んだり)
あとは、報酬に目がくらんだかわいそうな人が、片棒を担いでしまう……。
その繰り返しなのです。

« アドセンス(AdSense)復活 | トップページ | スペース・ボーナス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538994/44998183

この記事へのトラックバック一覧です: トップページにこだわるな:

« アドセンス(AdSense)復活 | トップページ | スペース・ボーナス »