アフィリエイトも様変わり

アフィリエイトは、基本的にどれだけユーザーを集められるかの勝負。
だから、検索エンジンでどれだけ上位に食い込めるかがだけが問われる。
つまり、より多くの情報をネットに公開した者の勝ちとなります。

現在、一般的な情報の類は飽和状態。
初心者が割って入るには、よりニッチな情報を集めるしかない。

それでも頑張れば、月に数十万の報酬を得るようになることは十分に可能だと思う。

ただ、その手の情報でサイトを作っても、量的に勝るWEBマスターから真似されてしまえばほぼ負けが確定。
完全オリジナルの情報でなければ、情報を真似されても対応策は無い。

そこで、絶対にまねできない情報を作成中。
時間はかかるけれど、普通のアフィリエイターには真似できない。
SEOにどれだけ詳しかろうが、PCスキルが高かろうが、全く関係ない。

そこから、突破口を開いて新たな展開。

検索順位が急下降

今年に入ってから、メインサイトが軒並み下落。

放置していたので仕方ないですね。

今は、別のことを考えているので、しばらくはこのまま放置です。

頑張れば、また返り咲きするでしょうけど、結局はいたちごっこなので、これまでの狙い目は大きく変えて、今は耐える時です。

【ブログ】【広告なし】で検索すると…

「ブログ」「広告なし」の検索キーワードで、このブログに飛んでくる人は少なくないですね。

でも無料ブログを提供してくれるサイトは少なくなりましたね。
以前はかなり数多く存在した無料のブログサービスですが、ツイッターやフェイスブック、ラインのサービスに押されて、規模はかなり縮小されています。

今、ブログを書くって言う人の中で、アフィリエイト目的で始めた人の割合は少なくないはず。

昔は、広告が全くないブログも珍しくありませんでしたが、今はなかなか見つけられません。

ちなみに、ニフティのココログを利用している本ブログですが、基本的に広告はありません。

たまに、記事の中でURLを貼ることがありますが、その時にA8等に含まれるものがあれば、広告の方を貼ってるくらいです。

アクセスのあるのはこの記事です。↓

広告なしのブログ-無料で使える広告の入っていないブログ-


この記事を書いた頃は、まだブログの効果は高いと信じていましたが、今は少し考えが変わってしまいました。

たまに見かける質問で、ブログとホームページはどっちが良いですか?というもの。
アフィリエイト初心者にありがちな質問です。

どっちにもメリット、デメリットがあって、最終的には、その人のスタイルにあったもので良い……と結論付けられる回答がほぼすべて。

それで確かに間違ってはいないですね。

ただ、メリット、デメリットの比重が大きく変化しました。
あくまで、個人的考え…が、です。

アフィリエイト初心者に対しては、手軽に始められるブログを勧めることも多かったのですが、初心者には向いていないと思い直しています。

個人的なデータは公開できませんが、ホームページとブログを比較した時に、あからさまな違いが出てしまいました。

いろいろあって、ほぼすべてのサイトやブログを放置した結果、ホームページは変化なし。
順位の微妙な変動はあるものの、アフィリエイトへの影響はゼロ。
逆に不動の返り咲きをしたサイトもあります。

ところが、ブログに関しては全滅です。

両極端すぎて、笑えるくらいです。

あるキーワードで、検索結果1位だったブログが、100位以下。
閑古鳥が鳴いてます。

答えから言うと、ブログは鮮度が命と言うわけです。

これがそのまま、検索エンジンのシステムではありませんが、結果はそうなるということです。

当然、バックリンクとしての価値も……想像される通りだと思われます。

コメントやトラックバックのスパムに対するシステム上、そうなるのが自然ですからね。

ツイッターなども同じですね。

鮮度の低いものは、その価値も薄れる。

カンの良い方は、その他にも気が付かれたと思いますが、全部は言わずにおきます。

これからアフィリエイトを始めようと思われている方は、ブログだけでなく、ホームページを作ることができるように、多少なりとも勉強した方がいいですね。

ブログがアフィリエイトに不向きと言っているわけではありません。

検索結果の順位を安定させようと考えるならば、ブログの方が手間がかかるということです。
逆に考えると、不安定な分、飛躍的にあげられる可能性もあるでしょうけど、初心者が意識的にそれを狙えるかどうかは……。


アフィリエイト初心者は、押し付けになりがち

たまにネットサーフィンをしてみると、広告の数がふえたなぁーと思う。

無料のブログでも昔は広告の無いものも結構あったのに、今はほとんどが広告を表示している。
それで、アフィリエイト始めたばかりなんだろうな……って感じのブログもたくさんある。

……ほとんどが半年も続かないだろうな。

広告タグ貼って、取ってつけたような効能の説明。

映画のあらすじっぽいものを書いて、商品を貼りつけるパターンは多い。
……まず、売れない。
買ってほしいのが見え見えで、実際にその映画を見たのかさえ怪しい。

映画関連の商品を宣伝するなら、自分が本当に良かったと感じた部分をくどくどと説明した方がいい。
またそれに付随する雑学を交えながら。

押し付けで商品を売るのならば、圧倒的に高い知識で、これでもかと言わんばかりに説明する必要がでてくるから、普通の人には無理。
でもやっぱり、アフィリエイト初心者は押しつけ的に宣伝をしてしまう。
そして、アフィリエイトは儲からないという結論にたどり着く。

結論から先に言うと、アフィリエイトで月に20~30万を稼ぐのは、特別なことじゃない。

みんなに求められる「何か」を手に入れればいいのだから、誰にでも平等にチャンスはある。
プロスポーツ選手になるよりも、ずっと可能性は高い。

でも努力なくしては、大した成果は得られない。

「誰でも」「簡単に」儲けられるものは無い。
資産家の中には、労力を使わない人もいるかもしれないけど、資金や知恵を使っている。

チャンスはそこらじゅうに広がっている。
でも、売りたい気持ちばかりを押し付けて、チャンスを捨てている人ばかり。

すごくもったいないけど、仕方ないんだよね。

昔はあまりにもったいなくて、アドバイスしたことが何度かあったけど、自分に都合の良いことばかりを信じ込んで、結局何も残らなかった。

成功するものは、まだ山のようにある。

でも、自分で新たな市場を切り開く人はわずかで、他人が成功した市場に入り込む人がほとんど。

今、新しい市場を開拓中。

これが成功したら、また簡単に真似る人が出てくると思う。

だから、簡単に真似できないように一気に攻める必要がある。

時間はかかるよね。 でも、きっと成功する。

手間のかかることをしない人が多い現代だから、やる気があればチャンスも多い。

他人真似じゃ成功しないってわかってるのに、他人の知恵ばかりを頼っている人……けっこう多いよね。

アカウント(ID)の乗っ取りは簡単

私のメールアドレスを、他人が間違って登録したせいで余計なメールが頻繁に来ています。

これは、アカウント登録時だけでなく、メールアドレスを再設定した時も同じ。

初期登録時に間違ったアドレスで登録されると、自分のアドレスに届かないせいで、何度も同じ操作をされ、まさに迷惑メール状態。

大手のサービスだと、拒否設定するわけにもいかず、非常に迷惑です。

それでも、初期登録時なら、登録ができないだけなので本人に被害は出ませんが、メールアドレスの再設定時だと大問題。

はっきり言って、どこの大手サービスもあまりにずさん過ぎるので、メールアドレスの再設定で間違えた時は、アカウントを乗っ取られても仕方がない状況です。

Yahoo!もFacebookもアマゾンも……他にもいろいろありますが、お知らせメールが来るせいで、IDは完全にバレる。
そしてパスワード忘れた場合には、登録メールアドレスに送らせることができるので、メールアドレスを間違った時点で、アカウントはもう相手にあげたも同然。

悪意のある人の手に渡ったなら、串を指したアクセスでそのサービスを利用され、個人情報はすべて抜かれ、ショッピングサイトなら無駄な買い物をされ、価値のあるサービス(ドメインやネームに価値のあるもの)を一気に解約されたり……。

危険すぎますね。

乗っ取る気はありませんが、Yahoo!もFacebookも他人のものにログインできてしまいます。

ずさんすぎる……というか、システムの根幹がおかしい。
メルアドの再設定した場合は、そのメールが本人のものなのかどうか確認しなければならないのに、完全フリー。

自己責任だとは思うけど、知らない間にアカウントID乗っ取られたり、個人情報抜かれたりしている人は確実にいると思う。

アカウントだけじゃないけど、ネイルサロンの予約だったり、楽天ショップからの配送の連絡とか、フルネームはもちろん電話番号や住所などもご丁寧に書いてある。

もはや、システムセキュリティ云々ではない状態。

ハッキングせずとも、向こうからはいどうぞと送ってくれる。

間違える方も悪い。 

間違えた場合を想定していないサービスはもっと悪い。

ありがちな携帯のメルアドにしておけば、そういうことに良く出くわす。

実際に、お勧め商品で送られてきた内容が、ロリコン商品ばっかりだと、どんなユーザーなんだと気分悪くなるよ。
アカウント削除してやりたくなるよ。

……時間を無駄に消費したけど、今日はあるサービスに伝えておいた。
メール登録間違ってるよって。

二度と送るなって付け加えて。

今度来たらアカウント削除します。

大手だから、きちんとやると思うけどね。

ビットコインの相場が下落しない理由

最近話題のビットコイン。
言わずと知れた仮想通貨です。

先月あった取引所の破綻で、すぐに消えてなくなるかと思いましたが、下落した後に持ち直していますよね。

元々、どこに国もその価値を担保していないし、逆に危険だと規制しているにも関わらず価値が保たれている。
このことに関しては専門家と称する人たちが、あれこれ言っています。

……ただ、どれも、『はぁ?』な説明です。

普通に考えれば、取引所の破たんや閉鎖、取引中止で、数百億にも上る損害が出ているわけだから、こんなリスクの高いものからは誰もが逃げ出すはずです。

でも実際にはそうはならず、その価値は安定している。

各国の政府が注意を促しているにも関わらず……です。

不思議ですね。

これにはいろんな理由が考えられますが、そのシステムや現在の生活形態がそうさせているという専門家の話はナンセンス。


理由はもっとシンプルで人間臭いものだと思いますね。


自国の通貨が不安定な国であれば、仮想通貨の方がずいぶんマシなものになりますね。
デノミで今の貯金が10分の1や100分の1にされるよりは、仮想通貨に変えていた方がお得ですから。

また、『勘違い』による誤った判断も多数みられると思います。

ネット上のニュース記事でしたが、商業店舗でビットコインでの売り上げが上がっているそうです。
ビットコインそのものが値崩れしないし、むしろ徐々に上がっているこの状況なので、換金せずに保有することで、将来的に社員の給与に充てることも考えている……という、とんでもない思考のようです。

怖いですね。

こういう会社には勤めたくありません。

取引所の破たんに巻き込まれていなければ、勝ち組の人はすでに売り抜けて、高額な利益をすでに確保しています。

この時に、世界中で一時、暴落しました。

でも、仮想通貨が無くなると困る人たちがいます。

裏でいろいろと動く人たちです。
それと取引所。

だから取引所は、みんなで『破綻したのは、取引所一社の問題だ。ビットコインには問題ない』と発表しましたね。
まぁその後、他の取引所もサイバー攻撃で盗まれたり閉鎖してるので、保身のための大風呂敷だということは、普通の人にはわかります。

ただ、儲けに目がくらむとそれが見えません。

危険を感じて換金する人以外に、換金する手間を取るより、実際の支払いに使用する人もいます。

しかしビットコインでの支払いが可能な店舗は限られています。

ですから、そこの売り上げが伸びるのは当然です。

支払われた時点で、普通ならすぐに換金に向かうところですが、相場が好調なものだから様子見をする……売りに出ないから、値が上がる。
もしかすると……と期待する。

つまり、いろんな理由でビットコインを妄信している人たちがいるおかげで、現状のようになっているというわけです。

では、『妄信している人がいる限り仮想通貨は安定するの?』ということにもなりそうですが、これは有り得ませんね。

元々、無価値なものですから、いつかは無価値に収束していきます。

現在、ビットコインを買っているのは、価値があるものかのように騙されている人たちか、投機目的の人たち。
無限に上がり続けるわけではないので、取引量も次第に減少。
手数料で食べてる取引所も困窮へ……。

国によって判断は違うだろうけど、日本では証券会社で仮想通貨の売買は禁止。

ということは、取引所は仮想通貨一本で稼いでいくしかない。

はっきり言うと、無謀な会社経営。

取引所の最大手だったマウントゴックスが破たんしたのも、ある意味わかりきっていたこと。
計画犯だと言われても仕方ない。

取引所の閉鎖が増えれば、換金は難しくなりユーザーも離れ、個人商店のような規模に縮小される。
そうなると今でもザルのセキュリティーは、さらに悪化して、外部機器に保存するような状態に。
便利なはずの仮想通貨が、使いにくくなり、サイバー攻撃にあっても何の保証もしない取引所を使うユーザーは限りなく小さくなっていく。
当然、流通量も減って……。

これがどれくらいの速度で起こるかはわからないけど、今現在、サイバー攻撃によって容易に盗まれているところから想像すると、一瞬で終わってしまう可能性もあるかな。



 

さぼりすぎ

まともな改善しないまま、放置が続いて一年半。
さすがに順位が下がってきた。
そろそろ更新していかないと、収入は減る一方だ。

いつの間にかライバルサイトも増えている。

やばいね、かなり。

正月休みに、一気に手をつけられるかどうか微妙だけど、やるしかないな。

造りかけのサイトが多すぎるっていうのも、やる気をなくす原因なんだけど、これは自分のせい。

来年はインターネット収入倍増計画を発動するよてい。

このブログで経過をお知らせだね。

久しぶりに…

いろいろあって長いこと記事を書かずにいました。(^-^;
ネット上での活動を停止していたわけではないのですが、新しいことを始めたわけでもなく、のんびり過ごしていました。

WEB収入は、以前と変わらず稼げています。

さて、最近思うのはゲームアプリの売り上げがすごいってこと。
真面目にすごいです。 パズドラなんて桁違いに稼いでる。
課金する人の多さ……いや、金額に驚きますね。
まだアプリ系の広告を貼ってはいませんが、人気のゲームアプリレビューサイトだととんでもなく稼いでいる気がします。
全体的に見ると、今からではアクセス稼ぐのは至難の業だと思いますが、これからリリースされるものに限定して先んじてサイトを作り上げれば、勝負はできそうです。
お試しあれ。(σ・∀・)σ

ファイル共有サイトMegauploadが19日閉鎖

ファイル共有サービスを提供していたMegauploadが19日、FBIによって閉鎖されました。

いつかはそうなるだろうと思っていましたが、けっこう遅かったですね。
関係者7人を起訴したとなると、しばらくはこの手のサイトは形をひそめるでしょうね。
書作権侵害コンテンツの最大規模と言われていましたから、この余波はどこまで続くのでしょうか……。

しかし、著作権侵害コンテンツは中国系のサイトが多いです。
ウイルスを仕込まれたサイトもそう。

いくら悪質なサイトを摘発しても、全世界が一緒に取り組まなければ、単にサーバーを移転するだけになってしまいます。

今回の閉鎖がどれだけの影響力を持つのかが注目されますね。

例えばサックスで…

ある程度、集客を念頭にサイトを運営して数年を経たWEBマスターは、自分のサイトを売り込むのは無く、ユーザーが欲しい情報を作ることに力を入れます。

初心者は、これがSEOだと言わんばかりに自分のサイトの被リンク集めやキーワードの選定に必死になってしまいます。
それが悪いとは言いませんが、本来のWEBサイトの意味合いからは大きく逸脱している場合が多いのは事実です。
『保険』や『ダイエット』など、価値のあるキーワードに沿ったサイトを作り、SEOに躍起になってコストも時間もかけてしまう……これがはたして意味のあることなのでしょうか。

WEBは、多岐にわたる情報を求めています。
これはインターネットが始まってから変わってはいません。
ところが、現在増え続けるサイトは、似たようなキーワードばかりを持っていて、全体から考えると利の少ない(または全く無価値)のサイトが多くを占めます。

キーワードそのものが、利益に直結するように考えられたサイトが多いわけですから、偏るのは当たり前。
でも、ライバルサイトはかなりの数が存在するわけですから、そこで勝ち残るのは至難の業です。
いくらSEOを駆使してみても、付け焼刃の知識では絶対に生き残れません。

そこでWEBの本来のあり方を考えます。
人が求める情報は、多岐にわたっていますから、サイトもそれに従うことで弱小サイトでもオーソリティになれるのですね。

例えばサックスで…

http://blogs.yahoo.co.jp/thomas_blues_206sw/57606953.html


http://purple-cat.info/sense/saxophone/tanabe.html

田辺管楽器は昔の管楽器のメーカーですが、その存在はあまり有名ではありません。
NIKKAN(日本管楽器)の名前は知っていても、同時期に優劣を競いあったTANABEの知名度は何故か低い……。

でも、日本の管楽器をけん引してきたメーカーですから、その情報は価値があります。
ところがWEBにはNIKKANに関するサイトの数から比べると、無いに等しいくらいです。
ですから、こういった情報のサイトを作ることで、価値の高いサイトと成り得るわけです。

マニアックな情報で十分なのです。
その情報で一番を取れることが、ウェブでの生き残りにつながるわけですから。

«【固定権利金連続獲得マニュアル】情報商材を返金させたい方